Houzz

外観にもこだわりたいならデザイン住宅がベスト

機能性の高いおしゃれな家

狭くても快適な家づくり

設計図

地価が高い東京では、狭い土地に建てられる狭小住宅が多く見られます。狭小住宅はいろいろな制限がありますが、多くのメリットもあります。小さい土地や変形地は用途が限られるため土地代や税金が安くなり、その分建築費にお金をかけることができます。また、収納や間取りに工夫を凝らすことで、個性的なデザイン住宅を建てられるというメリットもあります。狭小地にデザイン住宅を建てる場合、限られた空間を活かすために縦に広げる工夫が施されています。3階建てにしたり、屋上やビルトインガレージを作るなど、狭い敷地を無駄にしない家づくりが求められます。また、狭い土地でも広く感じさせるテクニックも使います。天井を高くしたり、窓を大きくする、廊下を極力減らして居住スペースを増やすなど、空間を最大限に利用します。部屋の仕切りをなくしたり、間仕切りにガラス戸を使うと、圧迫感のない空間を作り出すことができます。東京のように隣家がすぐ近くにある住宅地では、窓を設置しても光が十分に取り込めないという問題も出てきます。光と風を取り入れるために中庭を設けるというテクニックもあります。プライバシーも保たれ、自然光と風を取り込めるため、明るく快適なスペースを確保できます。東京に多い狭小地でのデザイン住宅の建築にはさまざまな制限があり、採光や通風、プライバシーの問題などもあります。東京でデザイン住宅を建てるときは、狭小地の知識が豊富で実績のある建築会社を選ぶようにしましょう。狭小地を得意とする建築会社は、デザインと使い勝手の良さのバランスが良いという評判があります。予算内に収めつつ、細かい要望にも応えてくれると高い評価があります。

設計事務所の相性と保証

一軒家

規格化されてない自由な設計で住宅を建てれることがデザイン住宅の醍醐味ともいえます。ですが、工務店やハウスメーカーのように完成された住宅と費用を確認して購入するわけではないので慎重に決めたいものです。デザイン住宅を東京で実現するためにも設計事務所選びは一つのポイントになります。まず、設計事務所選びにおいて1番重要なことは相手とのコミュニケーションがスムーズに取れるかということです。なぜなら、デザイン住宅造りは設計事務所と長い付き合いになります。そのため、細かな部分についても話し合えるかやこちらの意見を聞いてもらえるかは重要なことなのです。他にも、ポイントになるのがデザインではなく住宅としての性能設計力です。東京ならそれに合わせた気候風土を読んで設計できることも重要なことといえます。この見極めは依頼する方には難しいですが、一つの判断基準は経験の多さです。実際に過去に携わった写真などを見せてもらい多くの住宅設計に携わったか確認しておきましょう。デザイン住宅を選ぶことで得られるメリットは自由な設計で住宅を造れることです。これは、デザインにこだわるという意味ではなく生活環境を第一に考えた住まいを自由に設計できるということです。そのために間取りと資材を選ぶことができることが何よりのメリットといえるでしょう。また、デザイン住宅は施工を担当した工務店の保証を受けることができます。竣工後10年間の瑕疵保証や、資力確保措置が義務付けられているので、完成してからも安心して住むことができます。東京でもデザイン住宅に住む人から「打ち合わせの段階から細かな説明を受けることができ、イメージしやすかった。」や「限られた予算内で自分の叶えたい住宅造りをしっかり形にしてもらえた。」といった声を聞くことができます。東京でデザイン住宅を依頼するときにはこういった声を参考にすると良いでしょう。

完成まで約10カ月

家

三郷中央でマイホーム計画に着手してから、工事契約、着工、上棟式などを経て、一戸建てが完成し入居に至るまで約10カ月間ほどかかります。10カ月はほぼ平均的な期間ですが、場合によっては1年を超えるケースもあります。そんなに長い期間かかるのかと思われるかもしれませんが、実際に工事が始まってしまうと、あっという間だったと語る三郷中央の体験者も少なくありません。その10カ月の内訳は、木造軸組工法で建てる場合、プランニング(設計計画)から工事契約を交わすまでの段階が4カ月前後、その後1カ月ほどの工事準備の期間を経て、地縄張りの着工開始から新居への入居までの段階が5カ月前後という流れになります。準備に5カ月、工事に5カ月というのが凡その期間です。但し、工事の方はよほどのアクシデントでもない限り、一戸建て木造軸組工法においては5カ月くらいかかることになるでしょうが、三郷中央で着工に至るまでの準備の期間を早めることも逆に遅れることもあって、不確定の要素が強いといえるでしょう。特に三郷中央で一戸建て建て替えの場合は、仮住まい探しや仮住まいへの引っ越しに加えて、既存家屋の解体工事などで着工に至るまで約5カ月以上かかることも予想されます。いずれにしても、一戸建て準備期間では、マイホームの形を方向づけるプランニングのための十分な時間を確保した上で、中身の濃い打ち合わせを行い、納得のいくプランを作る必要があります。