Houzz

外観にもこだわりたいならデザイン住宅がベスト

デザイン性に優れた住宅

費用相場や特徴

一軒家

東京は坪単価が高く、狭小地や変形地の分譲も多いエリアです。ですが、通勤の都合や教育の場としてよいということで東京に家を建てたいと考える人は多くいます。そのような人におすすめなのがデザイン住宅です。デザイン住宅とは、建築士と作るデザイン性の高いオンリーワンの住宅のことをさします。広義には注文住宅の一種といえますが、特にデザイン性が高く、独特の形や機能を持つものをさすことが多いです。特に、東京に多い狭小地や変形地などに建てられた住宅は、結果としてデザイン住宅となることが多いです。デザイン住宅の費用相場はピンキリです。東京で建てる場合、地方よりも高くなることが多いのですが、デザイン住宅の場合は狭小地など坪単価が安い土地に建てることも多いためです。ですが、一般的には普通の注文住宅よりも坪単価としては高くなる傾向にあります。坪単価は高くなっても、狭小地や変形地の場合は総費用が安くなることもあります。デザイン住宅の特徴は、建築士と建てるためオンリーワンの形、デザイン、機能が得られること、狭小地や変形地だと相場よりも安く建てられることです。建築士と建てるため、規格にあてはめていくのではなく、一から設計図面を作って家を作ることになります。そのため、要望によっては非常に多彩な機能やデザインが実現します。また、一般的な土地ならば規格にあてはめた注文住宅の方が安いのですが、狭小地や変形地だと逆に高くなる傾向にあります。デザイン住宅の方が融通がきくため安くなることが多いです。

デザイン性と居住性の共存

家

東京でマイホームをお探しの方は、デザイン住宅の存在をご存知でしょうか。デザイン住宅は外観や間取り、内部の空間の活かし方や設置する設備に至るまで、統一されたデザインに従って建てられた住宅のことです。最大の特徴は、世界に2つとない独創的な家造りを楽しむことができる点です。近年では個性的な見た目のみならず、長年住むことを考えて暮らしやすさを追求した間取りにするなど、実用的な面でも自分たちのこだわりを追求することも増えてきています。デザイン住宅の具体的な例を見ていきましょう。東京でも多くのデザイン住宅が建てられていますが、その多くは目を引く個性的なデザインが採用されています。外観がシンプルに統一されているシンプルモダンは、例えばコンクリートの持つ素材感を活かすためにそのまま外壁として使用しているのが特徴です。和風は言うまでもなく、日本の伝統的なデザインを採用しているものの、一部現代的なスタイルとの調和を図るなどして個性を演出しています。住宅に求める要望は人によって様々ですが、東京でデザイン住宅を建てる上でのポイントは、個性的なデザインに固執しすぎずに、収納性や日常生活の動線の確保など、住みやすさとの両立を図ることです。ただでさえ家を建てるということは労力を要するわけですから、東京でデザイン住宅を建てる時には、信頼関係を築くことのできる業者を選ぶことが大切です。自分たちの希望を正確に理解し、実現できる業者かどうかをチェックしてください。

地震に強く高気密

子供

一戸建て住宅の建築工法の1つツーバイフォー工法は、2×4工法とも書きます。その数字の単位は長さのインチのことで、パネルを構成する木製枠の断面サイズが、2インチ×4インチになっているということに由来しています。断面サイズの枠組に構造用合板を張り付けてパネル化したものを、接合させながら1階の床から壁、屋根下地といった順で立ち上げていく一戸建ての建て方です。ツーバイフォー工法は北米生まれの工法で、今では日本を含む世界各地に普及しています。四面の壁と上下の天井・床面の六面体で支える壁式工法のため、地震に強く、さらには気密性に優れているのが特長です。さらに、パネルを規格化することで大量加工が可能なため、部材コストを下げることができます。また、施工に際しても高度な技術を要しないため工期の短縮化と人件費の削減が図れることで三郷中央でも注目されています。一戸建てを建てる際にはそういった特徴やメリットが生かせるような場所に採用することが大切です。例えば高気密、高断熱の住まいが求められる寒冷地や洋室主体のシンプルなローコスト住宅を三郷中央に建てたい場合などに適しています。但し、壁を始めとする面材で支える工法であるため、開口部を広く取る三郷中央の住宅には不向きです。三郷中央の住宅メーカーによっては、一戸建てに従来のツーバイフォー工法に改良を加えた工法を採用しているケースもありますので、その特徴などをよく理解することもポイントです。